貧乏リーマンなので・・・どうやって性病検査を安く済ませるか延々と考えてました。

皆様、乙。

財政が火の車です。ヘルス侍です。

しかし・・・

第9回全日本クンニ選手権に出場するためには性病検査を受ける必要があります。

しかも検査が必要な項目が『HIV、梅毒、B型肝炎、咽頭クラジミア、咽頭淋病』の5項目です。

普通に性病検査ができる病院で検査したら・・・

電車賃を含めればかるく20Kオーバーでしょうね・・・。

この金額は貧乏リーマンは辛いです・・・。

とりあえず出来るだけ安く済ませる方法を模索してみました。

まずはどの様な検査のやり方があるのかを調べてみました。

地域の保健所での性病検査の費用

静岡県東部での性病検査

まずは地域の保健所で受けるやり方です。

私の住む伊豆地域だと沼津の駅近くで受診することになりますね。

ここで受けるメリットは何より検査料金が安いです。

要綱を見ますと・・・タダって書いてあります。

\(^o^)/

受診結果の郵送料で多少はお金がかかるようですが(800円)・・・全然安いです。

マジか・・・。

おいしすぎます・・・。

しかし難点もありまして・・・

週1回しか実施されておりません・・・しかも平日のみ。土日はなし。

さらに夜間の検査は月1回なのでかなり不便です。

一般のリーマンの方だと保健所での受診はなかなか難しそうです。

ただ私はサービス業で、休みの日の希望も多少融通が利きますので問題ないです。

ただ咽頭淋病と咽頭クラジミアの検査が出来ないのはネックですね・・・。

一回で済ませられないのは面倒です・・・。

時間をロスするのは・・・お金をロスするのと同じようなもんですしね・・・。

病院での性病検査の費用

横浜クリニック

専門の病院で検査を受ける方法もあります。

前回、風俗街にある横浜曙町の横浜クリニックで実際に受けてみましたが・・・

すぐに検査も終わりましたし・・・検査結果も次の日の夜には出ました。

非常にスピーディーに事が運びました。

看護婦さんもツンデレ気味でしたが可愛かったです。

横浜クリニックの受診時間

しかも写真を見てわかる通り、診察時間にかなり融通が利きます。

一般のリーマンの方でも華麗に定時帰宅をキメれば余裕で行けます。

反面・・・やはり、そこそこお値段がかかってしまいます。

保険が効かないのが痛いですね・・・。

今回クンニ選手権に必要な検査をすると・・・

血液Bセット・・・HIV、梅毒、B型肝炎の検査で約6K

のどセット・・・・咽頭淋病&クラジミアの検査で約6K

ほどかかります。

でも・・・思ったより高くなかったですね。

また、田舎には性病検査が出来そうな病院が少ないです。

自分の住む静岡伊豆地域も一か所しかなかったです。

(しかもその病院のHPには検査の値段が明記されていないので微妙です)

横浜に行くとしても交通費と時間の両方がかかってしまいます。

何かの用事とセットにして行きたいところです。

田舎者は大変です・・・。

検査キットを利用しての性病検査の費用

性病検査キットを利用しての性病検査

最後に・・・検査キットを郵送してもらって、それを使っての検査という方法もあります。

これは結構便利ですね・・・。

わざわざ病院に行かなくていいのが強みです。

田舎者でも全然大丈夫です。

しかも検査方法も・・・

取り寄せたキットの綿に喉の粘膜をこすりつけて、それを郵送で送り返すだけです。

めっちゃラクチンです。

上記の写真のふじメディカルという所のものがコスパがよいと評判です。

ただ・・・それでも今回必要な検査を受けると13Kほどかかります。

意外と料金かかりますね・・・。

ただ病院までいかなくていいので交通費は浮きますけどね。

私の下した結論

結局・・・3つの中から状況に応じて方法を選ぶという結論に行きつきました。

『①横浜へ行き横浜クリニックで受診

『②沼津の保健所の検査&喉の検査のみ検査キット

『③すべて性病検査キット

わざわざ検査だけの為に貴重な時間や交通費を使うのもどうかと思いますので・・・

横浜遠征や沼津風俗遠征と併用できれば①、②でよいかと思います。

逆に特に遠征の予定が無ければ③でいこうと思います。

よし、これでいきましょう。

いやー、決まって良かったです。

あとはクンニの技術を磨くだけですね。

それではこれからクンニの勉強をしますので、今日はこれで失礼します。

以上です。読んでいただいてありがとうございます。