西伊豆旅行へ行ってきました | さくら、堂ヶ島クルーズ、堂ヶ島ホテル天遊、ひもの万宝

皆様、乙。

西伊豆旅行に行ってきました。ヘルス侍です。

かねてより楽しみにしておりました西伊豆旅行

朝8時半に車で家を出発いたしました。

松崎町のさくらの『アジのたたき定食』は凄いで

一度西伊豆に出てから・・・ひたすら南下します。

そして松崎町という所までやってきました。

沼津インターからだと車で2時間くらいかかる場所です。

さっそく予定していた食事処の『さくら』へ行ってみます。

この店は不定休なので、事前に電話をして営業しているかを確かめることをおススメします。

西伊豆松崎町の食事処のさくらの画像

ただ少し早く着きすぎて、オープンしてませんでしたので・・・

近くの港をプラプラしてました。

松崎町の港

休みの晴れた日に知らない港町をプラプラするのもいいもんですね。

散歩しているうちにさくらの開店時間になったので戻ります。

さっそく店の中に入ります。

松崎町のさくらのメニューの画像

メニューが沢山あって迷います。

最初は刺身定食にしようと思いましたが『今日はできない』という事でしたので・・・。

当初の目的だった『アジのたたき定食』にします。

ちなみにこの店ではコメを小さな釜で炊くので・・・注文した料理が来るまで時間がかかります。

それを待っている間に・・・これを食べてました。

松崎町のさくらのところてんの画像

地元でとれたテングサで作ったところてんです。

この店では定食を頼んだ人はところてんが食べ放題です。

クソ暑い中、港町を散歩して汗だくの俺には冷たいところてんは最高でした。

ガッツリ黒蜜をかけて・・・2杯も食べてしまいました・・・。

もくもくとところてんを食べているうちにアジのたたき定食が出来上がりました。

松崎町のさくらのアジのたたき定食の画像

アジのたたき、野菜のかき揚げ、磯汁、切り干し大根、サラダ、おしんこ、そして釜で炊き上げたご飯。

しかし・・・・。

松崎町のさくらのアジのたたき定食の画像

アジのたたきの盛り方が異常です。

何匹のアジを使っているのか・・・。

さっそく食べます。

アジはニンニク醤油でいただきます・・・。

く~!!

新鮮なアジ、美味し!!めっちゃうまいです。

パリパリに揚げられた野菜のかき揚げやホクホクの炊き立てご飯も美味かったですね。

しかし・・・食べても食べてもアジが無くなりません

凄い量です。

人生で・・・一回の食事でこれだけアジのたたきを食べたのは初めてです。

なんとか食べきりましたが・・・すごいボリュームでした・・・・。

ところてん食い放題も考慮に入れると・・・コスパが半端ないです。

これで1500円(税別)ですからね・・・。

ダイエットおわた\(^o^)/

ここは再訪ありですね・・・また西伊豆に来たら来よう。

あと、旅行に来た時に遅い時間帯でここで昼食を食べると旅館での夕食に影響しますので、午前中の食事をお勧めします。

堂ヶ島クルーズ

次に・・・遊覧船に乗りに『堂ヶ島マリン』へ向かいました。

さくら』から車で10分くらいの距離なのですぐに着きました。

加山雄三ミュージアムの画像

加山雄三ミュージアムを抜け・・・地下道をくぐると・・・

堂ヶ島マリンの船着き場の画像

船着き場です。

近くにあるチケット売り場で50分の遊覧船の券(千貫門クルーズ)を買います。

自由席で、並んだ順番が前の人から好きな席に座れるとの事。

まあ、どの席でも問題ないだろ』とおもってウ〇ンコに行ったのが後の失敗に繋がりました。

ばっちり快便を決め、乗船の列に行くと・・・もう人が結構ならんでました。

余った席に座ることになりそうな感じです。

船着き場から船に乗ります。

船の席は・・・外の席と室内の席があるのですが・・・

私が入船した段階で既に座りたかった外の席は埋まっておりました。

残念でした・・・。

しょうがないので室内の右側の席に適当に座りました。

これも後の失敗となりました。

出航時間になり船が出発します。

堂ヶ島マリンの千貫門クルーズの写真

ちなみに船はこんな感じのルートを進みます。

堂ヶ島マリンの千貫門クルーズのルート

南下しつつ・・・船左側の景色を堪能し・・・

帰りは沖合を突っ走るルートなので・・・

船の右側の席に座ると景色をあまり楽しめないwww

さらに室内席なので爽快感も半減

最悪の席に座ってしまいました・・・。

堂ヶ島マリンの千貫門クルーズの写真

見どころの景色も遠巻きにしか見れません・・・。

左側の席に座っていればこのポイントももっと綺麗に見れたんですけどね・・・。

堂ヶ島マリンの千貫門クルーズの写真

あと山の上にチ〇ンコっぽい形をした岩がありました。

だから何って話ですけど・・・。

堂ヶ島の青の洞窟の画像

でもラストの青の洞窟の景色はホントによかったですね。

紺碧の海・・・美しかったです。

という感じで堂ヶ島クルーズ終了しました。

ちょっと・・・いや、かなり失敗した感がありますね・・・。

外の座席の左側に座っていれば超楽しめたんだろうな・・・。

海が本当に奇麗だったので・・・本当に残念です。

遊覧船の座席の重要性を痛感しました。

今後の糧にしたいです。

絶景ホテル、堂ヶ島ホテル天遊

堂ヶ島ホテル天遊の画像

そしてその後は旅館『堂ヶ島ホテル天遊』へ向かいます。

それほど大きなホテルではないですが部屋からの景色が素晴らしいホテルと聞いています。

駐車場から係員に案内され・・・ロビーへ通されると・・・

堂ヶ島ホテル天遊のロビーの画像

目前は絶景です。すばらしい。

ロビーで受付を済ませ、部屋に通されます。

堂ヶ島ホテル天遊の部屋の画像

部屋はとても清潔感がありました。

部屋に金庫が無かった事以外はおおむね満足です。

堂ヶ島ホテル天遊の部屋からの景色の画像

なにより部屋からの景色が素晴らしい。

さっそく窓際で景色を眺めながら・・・

持ってきたPCを使ってAV女優のInstagramフォロワーランキングを作成しました。

堂ヶ島ホテル天遊の遊歩道

ホテルの地下1階から遊歩道を使って下に降りることもできます。

歩道を降りていくとプールがあり・・・

堂ヶ島ホテル天遊のプライベートビーチの画像

さらに下っていくとホテルのプライベートビーチがあります。

家族連れで静かなビーチで楽しむのにはもってこいでしょう。

ただ・・・ビーチへつながる道の坂がめっちゃ急すぎて上り下りが大変ですけど・・・。

その後、露天風呂に入りました。

露天風呂からも同様の景色を眺められます。

夏の激務の疲れがふっとびましたね。ここの露天は最高です。

堂ヶ島ホテル天遊の部屋の景色の画像

今回の旅の目的の一つに『西伊豆の夕日が見たい』というのがあったのですが・・・

残念ながらガチで曇ってました。

遊覧船といい、今回の旅行はちょっと運が味方しませんね・・・。

堂ヶ島ホテル天遊の夕食の画像

そして夕食の時間になりましたので1階のレストランへ行き夕食を食べました。

和懐石の食事ですね。

堂ヶ島ホテル天遊の夕食の画像

堂ヶ島ホテル天遊の夕食の画像

前回の岐阜旅行で泊まった旅館の十八楼ほどのサプライズクラスの美味さでは無かったですけど・・

とくに不満もなく、おいしく頂きました。

量はやや少なめでしたが、昼食いすぎましたので個人的にはちょうど良かったです。

その後はもう一度風呂に入って、たっぷり寝てしまいました。

ブログ合宿に来たのに・・・10時間近く寝てしまいました・・・。

堂ヶ島ホテル天遊の部屋からの景色の画像

翌日は天気が良く、明け方の部屋からの眺めが最高でした。

速攻で風呂に行き、この景色を眺めながら風呂を堪能しました。

小さい旅館なので部屋からエレベーター、エレベーターから風呂までの距離がめっちゃ近いので・・・部屋から風呂まですぐに行けます。

これが殊の外便利で・・・滞在中、4回も風呂に入りに行ってしまいました。

堂ヶ島ホテル天遊の朝食の画像

朝は和定食の朝食でした。

普通に美味かったです。カニの味噌汁が美味かったですね。

堂ヶ島ホテル天遊の部屋からの景色の画像

ちょうどチェックアウトの時間・・・干潮になり、部屋から見える島と陸地が繋がりました。

さっそくチェックアウト後行ってみることにしました。

堂ケ崎トンボロの画像

ここは朝10時前後に陸続きになるようです。

ホテルの人の話だと『絶対なるとは限らない』らしいですけど。

堂ケ崎トンボロの画像

奥の洞窟まで行ってみたかったですが、そこまでは行けませんでした。

堂ケ崎トンボロの画像

天然の虫の化石を見てテンションが上がりましたwww

堂ヶ島ホテル天遊、いい旅館でした。

一人旅とか、カップルでの旅行で静かに過ごしたい人にはうってつけの旅館ですね。

ゆっくり過ごせましたよ。

逆に、友人と楽しく盛り上がりたい旅行とか、ガツンと海鮮食べたいとか、夜に悪い遊びをしたいとか、そういう目的には不向きかもしれませんが。

あと、小さい旅館なので・・・深夜のラーメンとか食べれないし売店の規模も小さいので品ぞろえが微妙です。

晩酌や夜食を食べたい人はそのあたりも考慮に入れたほうがいいかと思います。

サンセットを見れなかったのはかなり残念でした。

これを見れる見れないで満足感に差は出ると思います。

予約の際は天候を特に重視したほうが良いでしょう。

今回、曇りの可能性も十分予測していたので・・・思い切って旅行先を変えてもよかったんじゃないかと思いました。

ひもの万宝で絶品干物を堪能

ひもの万宝の画像

最後に、伊豆の下田まで1時間ほど車を走らせ・・・

個人的に一番楽しみにしていた『ひもの万宝』へ行きました。

ここでは好きな干物を選んで、お願いすれば『干物料金+100円』で干物を焼いてくれます。

ひもの万宝へ持ち込んだおにぎりとお茶の画像

また飲み物やご飯の持ち込みは自由なので、来る途中のコンビニでお茶とおにぎりを買ってきました。

まず選んだのは・・・・

ひもの万宝の車海老の干物の画像

車海老の干物、1700+100=1800円

なかなか美味かったです。

エビの干物は珍しいので食べました。

ひもの万宝のメヒカリの干物の画像

メヒカリの干物、750+100=850円

淡泊な味わいの身がホクホクで・・・かなり美味いです。

夢中になって食べました。

ひもの万宝のサンマの塩干しの画像

サンマの塩干し、200+100=300円

脂がのって・・・めっちゃ美味かったです。

塩加減もいい塩梅ですし・・・これは最高です。

不思議なことに・・・安い干物の方が満足度が高いというwww

個人的にはキンキやのどぐろなどの高級干物より、サンマとかアジとか安い干物で攻めた方がコスパ的にも満足できるのではと思いました。

ウン千円の高級干物と数百円の安い干物は値段ほど満足感は差が出ないと思いますね。

いい店だと思います。

お土産に買ったアジの干物も家で食べましたが凄く美味かったです。

これにて今回の西伊豆旅行は終了しました。

ちょっと反省点も多いですが、まあ楽しかったです。

しかし終わってみれば・・・

エロ無しはやはり寂しい・・・。

次回旅行は確実にエロありにしますwww

エロ有りとエロ無し旅行を交互に実施していこうと思います。

以上です。長々と読んでいただいてありがとうございます。